【ニキビ跡(痕)】スキンケア特集

【ニキビ跡(痕)】スキンケア特集

ニキビが出来やすい人にとって、同じく気になるのがニキビ跡(痕)ではないでしょうか?
ニキビが出来やすい私、勿論ニキビ跡(痕)ユーザーでもあります。

今回は私が取り入れている『ニキビ跡(痕)ケア』をまとめてみました^^

スキンケア 意識していること

スキンケアでは以下を意識してます。

  1. 沈着した角質の除去
  2. 保湿
  3. ビタミンケア

1.沈着した角質の除去

シミやそばかす、ニキビ痕のケアとして1つ行えることは、不要な角質を排出すること。

過去はスクラブやクレイマスク、石膏パック系・・・。色々と取り入れてきましたが、結論から言うとニキビが出来やすい方や出来ている人はあまりおススメではないかと思います・・。

私は『ニキビ肌さんはコレ!』であったり『これで治る!』みたいな発信はしたくないので(治し方はひとそれぞれだと考えている為)ひとつの情報として読んで欲しいのと、あくまで私が経験して、勉強してきた持論ですのでご参考までに・・!。

上記スペシャルケアがあまりおススメ出来ない理由としては ” バリア機能が低下してしまう恐れがあるから “ です。

はっきり言って、バリア機能が低下しているから環境やストレスに左右されやすくニキビとなっていることが多いので、一時的に肌が弱くなりやすいスペシャルケアでの角質ケアは注意が必要です。

私はこの2年、上記のようなスペシャルケア系は使用せず、UFソープのみのお手入れにしています。UFソープであれば肌への摩擦や負担はなく、角質が剥がれやすい状態までにしておいてくれます。
日々の洗顔で角質が柔らかい状態となり、肌本来の力を最大限に利用しながら不要な角質の排出を促します。

※余談ですが、私はスッピンらしい肌感がなくなったようにも感じています。(肌の薄さが変わった)

2.保湿

きちんと肌がうるおい、バリア機能が整っているとニキビやニキビ痕にも起きにくくなります。
私の場合、ニキビ痕の回復もかなり速くなるように感じています。

肌表面だけでなく、角層内からうるおいで包み込んで上げて下さい^^

角層内からうるおう肌を目指したい方は↓Charveil美容オイルが断然おススメ★こんなにべたつかない、みずみずしさが増すブースターオイルは他にないと勝手ながら感じてる(笑)

3.ビタミンケア

ニキビユーザーさんであれば、既にビタミンを意識したケアは行われているかと思います^^

私は浸透力の高いビタミンC誘導体を使用したUFオールインワンジェルと、前回の記事で紹介した純米美白化粧水を使用しています。
※UFジェルに使用しているビタミンC誘導体は、従来の誘導体に比べると約100以上の浸透力があるそうです。(角層まで)

オールインワンジェルについては角質柔軟効果もあり、先程の『1.沈着した角質の除去』のケアにも繋げられると感じています。角質ケア面で見ても、UFソープとの相性はかなり良いかと思います。

さいごに

ニキビ痕のケアに専念するあまり、ニキビが再発してしまうこともありますので、ケアの際は注意して下さい🙇※経験済み(笑)

またスペシャルケアは決して悪いものではないですので、その時々お肌と相談してあげて下さい。
強いて言うならば、肌のバリアが整ってからをおススメしますね!

いつもこんな例え話をしています・・。
『病気になってからプロテインや筋トレを始めるのではなく、その際はまず休暇をとること!それらは健康になってから行うことがベストだよね』
肌にも同じことが言えるかと思います^^

次は化粧品について書こうかな~♥
では~♥

投稿者プロフィール

青木
(元)美容部員(現)PR・企画
美容部員時代に1番嬉しかったことは『私とスキンケアを出逢わせてくれてありがとう』という言葉。
一人ひとりのお肌に合うスキンケアや使い方を見つけていただけるように、ブログを更新していきます!
Instagram:uruoi_aoki

関連記事

PAGE TOP