【肌荒れ・ニキビ】 食事について

【肌荒れ・ニキビ】 食事について

こんばんはー。

今週もニキビに纏わる記事を書きます。今週は『食』について。

こちらについては、ハルちゃんの得意分野ではあるのですが(最近、忙しいみたいで更新止まってしまってます。ごめんなさい!)わたしも10年以上ニキビと付き合ってきた身として、気を付けてきたことや効果のあったことをまとめてみます。

ただ、ニキビや肌荒れの原因は本当に人それぞれです。あくまでも個人の意見と効果ですので、参考程度に読んでもらえると嬉しい限りです。

肌荒れ・ニキビは食事と関係している?

詳しい内容についてはこちらの記事がおススメです。

ここでは私の体験に基づく内容となりますが、私はとにかく脂質と糖質を摂りすぎるとニキビになりやすい肌質、体質です。
『食』と1つにまとめても、人それぞれ合うもの合わないものがあります。

例えばハルちゃん。ハルちゃんはうるおいファクターでニキビについてのコラムを書いてもらっていましたが、彼女が書くコラムの大半は『グルテン』についての内容。ここでも私と原因が異なります。

『食事が原因』といっても、人それぞれ内容は異なります。

ニキビに繋がる食べ物

肌荒れ・ニキビは食事と関係している?でもお話したように、わたしは糖質と脂質の摂取量が増えるとニキビや肌荒れに繋がってしまします。

チョコパイ、ラーメン、焼肉・・。これらが私の好きなものであり、ニキビの原因でもあります(笑)
沢山食べてもニキビにならない人が羨ましい・・・。

自分のニキビや肌荒れの原因は一体何なのか・・。それさえ明確になれば、気持ちだけではなくケア方法も楽になります。
おススメは紙に書き出してみる事。ダイエットと同じく『レコーディング』してみると自分のニキビや肌荒れの原因も見えてきますよ★

ニキビと食事の付き合い方

チョコパイ・ラーメン・焼肉が大好きな私。(そりゃニキビになるわという三拍子w写真は一幸舎。博多ラーメン大好きなんです)

チョコパイに関しては、本気を出せば1度で1箱食べられます。ラーメンは福岡で2軒はしごした事もあります。※なんの自慢

それくらい好きなので我慢はしていません。最近はカントリーマアムのチョコまみれが好きですし。(笑)


ただ、これらが食べたくなった際はまず先に野菜やおにぎりを食べるようにしています。そうすると不思議なことに欲求は落ち着きます。ダイエットと同じですね!

例えば週末にケーキを食べる!(地元に美味しいところがあるのです)と決めたら、平日は甘味を控えています。

食のケアは意識することから

写真:大阪の西中島の焼肉屋さん(笑)

私は料理研究家でもフードマイスターでもないので、自分が出来る範囲内で食の見直しを行っています★
※フードマイスターは気になるけど・・。

食のプロからは怒られるのかもしれませんが、がっつり食事をした際やちょっと肌の調子が悪いなあ・・。といった時は胃薬を飲んだりビオフェルミンを飲んでます。
私にはすごく合っています。

あとはコーヒーを飲む頻度。コーヒーはカフェインの影響から摂りすぎると肌に良くないそうです。ニキビや肌荒れが酷い時は糖質・脂質、そしてコーヒーは我慢しています。

バランスの取れた食事が大切なのは誰だって理解しています。
でもそれがなかなか難しい・・・。

『今週はコーヒーを控えよう』とか『自炊を3日しよう』など意識してみることから始めてみてはいかがでしょうか。

中村アンさんもおススメしていたインナーケア

画像:中村アンさんのストーリーズより

先程お話していたように私は胃薬やビオフェルミンを常備してますが、モデル・女優の中村アンさんはビオスリーを摂られているそう・・!

インスタグラムでもお肌の調子が安定すると書かれていました。スキンケアも大切ですが、やはりインナーケアあってこその美肌ですね。

いま開発中の新製品にも乳酸桿菌を配合する予定です👐開発中の製品についてはこちらより更新中しています。

さいごに

わたしは特に難しいケアはしていませんが・・😅
それでもニキビや肌荒れは随分落ち着きました。もちろんそれはUF製品の力もありますが、ニキビや肌荒れはスキンケアだけでゼロになるという訳ではありません。

自分の肌や体質をよく理解した上でスキンケアやインナーケアを取り入れてみて下さいね✨
ニキビや肌荒れのスキンケア方法については過去の記事をご覧いただけると嬉しいです。

それではー!

投稿者プロフィール

青木
(元)美容部員(現)PR・企画
美容部員時代に1番嬉しかったことは『私とスキンケアを出逢わせてくれてありがとう』という言葉。
一人ひとりのお肌に合うスキンケアや使い方を見つけていただけるように、ブログを更新していきます!
Instagram:uruoi_aoki

関連記事

PAGE TOP