石けんで落とせる【ベースメイク】

石けんで落とせる【ベースメイク】

こんばんは!今週もブログの日がきました💨ブログを書く事は本当に苦手ですが、実店舗を持たないUFにとって唯一の発信する場所となりますので今週も頑張ります。 (毎度、誤字脱字や事故が多い私のブログですが、お手柔らかにお願いします・・。)
そして今週は先々週の石けんで落とせる【眉メイク】に続いて、ベースメイクについての投稿をしていきます!

個人的には、メイクアップする上で1番印象が変わる部分だと感じています。むしろ印象どころか人が変わる部分かと思います。(笑)
なぜなら、ベースメイクの作り方次第では顔の大きさ自体が変わってくるから・・!私の場合は顔が元から小さいわけでもなく、むしろ大きいし、エラも張ったタイプのお顔なのでビフォーアフターも分かりやすいかと思います✨

石けんで落とせる【ベースメイク】 ブランド紹介

石けんで落とせるコスメかどうかについては、使用されている成分でわかります。自然由来の成分でつくられたコスメであれば、肌に頑固に密着して落ちないということもありません。
自然由来の成分・・?と感じる方も思うので少しまとめておきます。

【ミネラル】
天然の鉱物のこと。鉱物を細かく砕いてパウダー状にしたものを化粧品に使用しています。
【成分】
マイカ / 酸化チタン / 酸化亜鉛 / 酸化鉄 / カオリン / シリカ / グンジョウ / コンジョウ / ダイヤモンド末 / セリサイト など。
【植物オイル】
【成分】
ヒマシ油 / アーモンド油 / ヤシ油 / ブドウ種子油 / バオバブ種子油 / アボカド油 / オリーブ果実油 / トコフェノール / キャンデリラロウ / コメヌカロウ など
【植物由来エキス】
【成分】
セルロース / ユーカリエキス / ローズマリー葉エキス / カンゾウ根エキス / アロエベラ葉エキス など
【天然色素】
野菜やお花がカラーコスメの原料となっています。また、ミネラルの中でも酸化鉄は温度や時間、空気の吹き込み量など調節しながら焼くことで、カラーバリエーション豊富に発色することができます。
【成分】
酸化鉄 / パプリカ色素 / スオウ樹皮エキス / ベニバナ赤 / カロチン など

自然由来でつくられたコスメブランドさんは沢山あります。手っ取り早いのは、コスメキッチンに行くこと👍

自然由来成分ではない合成成分を使用したコスメは密着性が優れていることにより汗や皮脂に強く、崩れにくいベースメイクが簡単につくれます。私も以前まではテカリ防止の下地やファンデーションをしていましたが、使用していく中で『崩れにくい』というメリットが、肌にとっては負担ではないのか・・?と感じるようになったため、ナチュラルコスメに移行。

個人的にはrms beauty、naturaglacé、MIMC、only mineralsのコスメを使用することが多いです。

『自然由来の成分』『石けんで落ちる』とは言っても、個人的にはこれまで使用してきたコスメのような仕上がりにしたい思いが強いので『これ、石けんで落ちるの?!』と思うようなクオリティーのコスメを厳選しています🔥

石けんで落とせる【ベースメイク】ベースの作り方

朝は手早くスキンケアを・・。
洗顔は季節や肌状態で変わりますが、今は朝と夜の2回。朝もしっかり泡立て、濃密泡で洗顔しています。後で書きますが、シャバシャバの泡は洗浄力も落ちやすくなるのでしっかりと泡立てて下さい👍

洗顔後は濡れたままの肌にブースターをつけ、UFジェルで完了です。

Step1.スキンケア

崩れない艶肌メイクをつくるためのスキンケアはかなり重要。朝の時点でうるおいが足りていないと、夕方のメイク崩れや黄くすみが本当にほど酷くなります(笑)

Step2.UVケア+肌の色ムラ補正

BBクリームのSPFが少し弱かったため、今年の夏に追加させたのがnaturaglacé のUVプロテクト。SPF50かつ遠赤外線もカットだそう。この下地はかなり艶が出る。BAさんが『すぐに品切れになる』と仰っていたのも納得。
naturaglacéのコスメは石けんで落とせるし、お手頃だし、仕上がりも良いので毎日ガシガシと使いやすい◎
BBについてはインスタで何度も紹介しているので省略します。今のところ、他の製品へ切り替える理由がありません。

Step3.コンシーラーとパウダー

MIMCのコンシーラーはUFオールインワンジェルと同じくビタミンC誘導体が配合に惹かれて購入しました。硬めのコンシーラーですが、目元に使用しても乾燥することはありません。なにより、硬めのテクスチャーはニキビやニキビ痕も隠れやすい。ニキビが出来た時は塞ぐようなことはおすすめ出来ませんが、隠さないといけない日があるのも事実・・。😅こちらも自然由来の成分でつくられたコンシーラーな分、まだ負担も少なく使用出来ます。
ニキビはコンシーラーを使用しても剥げやすかったりしますが、その際はパウダーで肌の油分を抑えてからだと密着しやすいです。※ボテッとならないように注意。あくまで部分的なカバーにおすすめ!

Step4.ハイライトとチーク

こちらはお好みで・・✨
only mineralsのパウダーはワセリンと混ぜるとリップになるし、アイシャドウにもなる万能コスメ。
チークはピンクだけどリップはオレンジ系しかない・・!色がまとまらない・・!というような悩みを解消してくれるので助かってます(笑)

石けんで落とせる【ベースメイク】落とし方について

落とし方はとっても簡単。洗顔で落とすだけ!その際、必ず意識していることが3つあります。

  1. 濃密泡であること
  2. 水気の少ない泡であること
  3. 泡の量はたっぷり

先程もちらっとお話をしましたが、石けんは水に薄まると活性作用が落ちるという特性があるので、シャバシャバな泡にはならないように注意しています。

石けんは他の洗顔料に比べても、ダラダラと洗浄し続けることによる乾燥が起きにくいことが特徴的。
石けんならではのさっぱり感はあるのですが、素肌がまったく乾燥しなくなりました。昔は、お風呂上りの突っ張りが酷かったのに・・・。

エステのお姉さんからも『詰まりがないです!』と言っていただけたー!

艶肌仕上げには最強のコンビ!

ベースメイクのつくり方の中で話しましたが、崩れない艶肌メイクをつくるにはスキンケアはかなり重要かと。インナードライ肌や乾燥肌の方はファンデーションが浮いてきやすいかと思います。脂性肌の方はくすみや毛穴落ちが出やすいかと・・。
いずれにしても、朝にしっかりとうるおいを仕込む事が大切です!

夕方にくすみやすい私は、原因となる古い角質除去や水分量を意識した保湿ケアを意識しています。私の場合は全てUFアイテムで、朝は【洗顔・ブースター・化粧水・ジェル】の4ステップで仕込みが完了します。

古い角質を落とすUFソープに、うるおい保持を助けるCharveil美容オイル。そして全てのうるおいを抱え込み、べたつきは最小限におさえたオールインワンジェル。これらが夕方頃の肌に差をつけるのです✌ 化粧直しはほぼしないです。

UFソープはお試し価格が¥1,980なので、機会があればご検討してみて下さいね!(皆さまからいただいた熱いレビューも見て欲しい!)

今日はめっちゃ長くなってしまいました・・(笑)誰かのお役までいかなくても、暇つぶしになっていたらいいな~♥

10月も頑張っていきましょう~👍では!

投稿者プロフィール

青木
(元)美容部員(現)PR・企画
美容部員時代に1番嬉しかったことは『私とスキンケアを出逢わせてくれてありがとう』という言葉。
一人ひとりのお肌に合うスキンケアや使い方を見つけていただけるように、ブログを更新していきます!
Instagram:uruoi_aoki
PAGE TOP