メラニン毛穴のケアはどうすればいいの?

出典:@nandiary122
毛穴の周囲にメラニン色素が沈着することで、毛穴の黒ずみや汚れに見えてしまうシミがあるのを知っていますか?これはメラニン毛穴と呼ばれるもので、非常に厄介なシミの一つです。

毛穴やシミは鏡を見るのも憂鬱になってしまう肌トラブルですが、この二つが合体したようなメラニン毛穴。今すぐ適切なケアを行いましょう。


洗顔石鹸

メラニン毛穴はなぜできるの?

39651434_1827127623990764_6027930005151940608_n

出典:@nm.ks
メラニン色素は、肌の奥底にあるメラノサイトという細胞が紫外線などの刺激を受けることで産生されます。産生されたメラニン色素はすぐにシミになるのではなく、少しずつ皮膚の表層に染み出してきます。

皮膚表層にある角質層は28日周期で新しい角質層に変わるターンオーバー正常に働いているときには、メラニン色素は古い角質層と共に排出されていきます。

しかし、年齢を重ねるごとにターンオーバーにかかる日数は増えていき、メラニン色素が排出されない状態が続くと、そこに色素沈着を生じてシミの原因となります。

毛穴周りにメラニン色素が沈着する原因は、紫外線や分泌した皮脂が酸化することで毛穴周囲の皮膚を刺激し、メラノサイトを活発にしてしまうことが考えられています。


オールインワン

メラニン毛穴のケア化粧品

37726612_273451606769408_670268172397445120_n

出典:@romi_1006
メラニン毛穴には、皮脂を抑えて保湿を行うことと、既にできてしまった色素沈着を薄くすることの2つのケアが必要です。

保湿

しっかりと保湿を行うことで、肌の水分バランスが整い皮脂量も正常化します。洗顔の後は保湿効果の高い化粧水や美容液をたっぷり使用し、最後には乳液やクリームで肌に水分を閉じ込めるようにしましょう。

美白

できてしまったメラニン色素には美白効果のある化粧品が必要です。世の中には多くの美白化粧品がありますが、メラニン毛穴で特に大切なのはシミの予防ではなく、できてしまったシミを薄くする効果のある化粧品を選ぶことです。美白化粧品を選ぶ時にはしっかりと成分を見て決めるとよいでしょう。特に、シミを薄くする作用がある成分はハイドロキノンやアルブチン、ビタミンC誘導体などです。

特にハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれている美白成分で、以前は医師からの処方がないと購入できないものでした。現在では多くの化粧品に含まれる成分ですから、ぜひ一度試してみるとよいでしょう。


美容オイル

まとめ

メラニン毛穴は毛穴とシミが合体した深刻な肌トラブルです。でもあきらめてはいけません。保湿と美白効果のある化粧品を併用することで、
改善することができるでしょう。

効果を得るには時間がかかるかも知れませんが、毎日根気強くケアを続けていくことで毛穴レスな肌を目指しましょう。