【フラワーボックスをプレゼントしよう!】フラワーボックスの作り方まとめ

出典:@htaelynnrena

フラワーアレンジメントのバリエーションとして、フラワーボックスは近年大きな人気を集めています。箱いっぱいに敷き詰めた花がとても印象的で美しく、持ち運びに便利で飾りやすいということも人気の秘密と言えるでしょう。

今回は、フラワーボックスの作り方やオシャレなフラワーボックスが購入できるブランドをご紹介します。大切な人へプレゼントを選ぶ際は、ぜひ参考にしてください。

フラワーボックスに使う花の選び方

49858641_1982695998706864_4745859685373912231_n

出典:@hanna.ua

フラワーボックスには、生花を使ったものとプリザーブドフラワーを使ったものがあります。まずは、生花かプリザーブドフラワーかどちらを選ぶべきか、それぞれのメリットとデメリットについてご説明します。

生花

生花のメリットは、何と言ってもその自然な美しさにあります。瑞々しく生命力に溢れた生花を使用したフラワーボックスは、開けた瞬間幸せな気持ちになることができる嬉しいプレゼントです。

また、花本来の香りを楽しむことができるということも生花のメリットと言えるでしょう。しかし生花を使用した場合、長く楽しむことができないというデメリットもあります。

美しさをキープできるのはたった数日間であり、夏場や環境によっては2、3日で枯れてしまうこともあるようです。

プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーのメリットは、美しい花を長く楽しむことができるという点です。プリザーブドフラワーは高温多湿に弱いため、日本の気候は向いていないとも言われていますが、きちんとお手入れをすれば1〜2年程度は花の美しさを楽しむことができるでしょう。

またプリザーブドフラワーは花の色素を抜いてから再度染め直して作成するため、自然界にない色でも好みに合わせて発色させることができます。そして花粉を心配する必要がありませんので、花粉のアレルギーがある人であっても安心して楽しむことができるのもメリットの一つでしょう。

しかしまだ生花に比べて種類が少ないうえに少々高価であるというデメリットもあります。

フラワーボックスを手作りする場合

copy-space-2518265_640

フラワーボックスは店舗で購入するイメージが強いですが、自分で手作りすることも可能です。お気に入りの花を選ん微、自分のセンスで花を敷き詰めてみませんか。

1.材料を準備してイメージを膨らませる

【準備するもの】

  • 生花
  • オアシス
  • セロファン
  • アルミホイル
  • 花用ハサミ
  • リボンなどの飾り

花を挿すための土台であるオアシスは、フラワーアレンジメント用もしくは庭用商品の売り場で購入することができます。箱の中に敷くセロファンは、箱よりも大きめのものを選ぶようにしましょう。材料の準備ができたら、画用紙などにイメージ画を描いて作りたいボックスフラワーの完成図を決めていきます。

色鉛筆などで色を塗ってよりイメージをはっきりさせると、作業の際に手間取って花を傷めてしまうことを避けられるでしょう。

2.オアシスをカットして水を入れる

箱の大きさに合わせてオアシスをカットします。幅は箱にぴったり入る大きさでカットし、高さは蓋を閉めることを考えて蓋の高さよりも3センチ程度低くくなるようにカットしておきましょう。

そして、水が箱に染み出さないように、箱の中にセロファンを敷いていきます。セロファンを箱の底に敷いたら、オアシスをその上に置いてコップなどでオアシスに水を含ませます。オアシスが少し黒っぽくなるまで水を入れましょう。

3.茎をカットして花を入れる

フラワーボックスの土台が完成したら、茎をカットして花を挿していきます。この時に、真ん中のメインとなる花から挿していくと綺麗に仕上げることができるでしょう。

土台に対して花を垂直に挿し、隙間なく挿していくことが上手に仕上げるポイントです。オアシスが見えてしまう箇所にはカスミソウなどを挿して隙間をしっかりと埋めてください。

4.リボンで飾る

蓋を閉めたら、リボンで丁寧に飾りましょう。本格的なフラワーボックスの完成です。

フラワーボックスを購入する場合

37165985_2126938873991786_1979110266793339224_n

出典:@rinana819

少し不器用なため、やはりプロが作ったものを贈りたいという人は、以下のフラワーブランドを訪れてみましょう。素敵なフラワーボックスに出会えるに違いありません。

ニコライバーグマン

ニオライバーグマンのフラワーボックスは、その豊富な種類と高級感漂う仕上がりで人気を集めています。花の種類は、生花とプリザーブドフラワーの両方を扱っていますので、好みに合わせて選んでみましょう。

ボックスサイズも豊富で、お気に入りの一品が見つかるはずです。

公式サイト:https://shop.nicolaibergmann.com

パティスリーフラワー

パティスリーフラワーでは、プロポーズから誕生日のお祝いまで、様々なシーンに合わせたおすすめのフラワーボックスを提案してくれます。ミラー付きのボックス入りのものや、オルゴールボックスに入ったものまで様々な商品を選ぶことができます

花弁にメッセージをプリントした商品もありますので、プレゼントしたいシチュエーションに合わせて選んでみましょう。

公式サイト:https://www.patisserie-flower.jp

まとめ

今回は、フラワーボックスの作り方やおすすめのフワラーブランドについてご紹介しました。素敵なフラワーボックスを大切な人に贈ってみませんか。心のこもった美しい花は、プレゼントを受け取った人をきっと笑顔にするはずです。

  • URUOI FACTOR コンセプト