【家で脱毛】エステ並みの効果!家庭用脱毛器の種類と特徴まとめ

出典:@msk.717
エステ脱毛や医療脱毛だと、行く時間も決められて、スタッフの前で肌を見せなければいけないので抵抗のある人も多いと思います。そんなエステやクリニックと同じような効果が得られて、家で自分の好きな時に脱毛できるのが家庭用脱毛器。

実はひそかに多くの人から支持されています。現在は、ブラウンやパナソニックといった有名メーカーから発売されていますが、価格も機能も様々ですよね。今回は、家庭用脱毛器の種類や特徴からおすすめの脱毛器まで解説していきます。


洗顔石鹸

家庭用脱毛器の種類と特徴

37697367_445219972609179_2604114413313064960_n

出典:@yunpopo29

フラッシュ式とレーザー式の2種類がある

現在市販されている脱毛器には、大きくわけてフラッシュ式とレーザー式の2種類があります。フラッシュ式は、エステ脱毛の機械と同じように、毛のメラニン色素に光を照射して毛根にダメージを与えます。一度に処理できる照射面積が広いので、処理時間も早く済みます。

また、レーザーよりも痛みは少ないと言われています。一方レーザー式は、毛乳頭にピンポイントでダメージを与えることで脱毛します。医療脱毛と同じ仕組みですが、家庭用なので照射出力を抑えられています。

ピンポイントで処理をするので、処理に時間がかかり痛みを感じやすいですが、フラッシュ式よりも短時間で効果を得られやすくなっています。

エステ脱毛との効果の違いは?

家庭用の脱毛器で処理した場合の効果は、エステやクリニックと比べると1回の施術あたりの効果は弱いと言われています。ただ、まったく効果がないわけではなく、十分効果を感じている人は口コミを見てもたくさん見受けられました。

脱毛器での処理は、エステやクリニックと違って時間の制約がないので、長く続けるうちに効果が得やすくなります。家庭用脱毛器は、即効的な効果よりも、自分の好きな時間に処理したい人向きといえるでしょう。


オールインワン

おすすめの家庭用脱毛器

フラッシュ式脱毛器「ケノン」

脱毛器の中では、一番有名な「ケノン」。現在は50万台以上の販売実績があると言われています。

ケノンはレーザー式よりも痛みが少ないフラッシュ式ですが、出力を10段階に調整できたり、発光時間を短縮したりと、極力処理時に痛みを感じないように作られています。

痛みが気にならないので、継続して使用しやすいと評判です。ケノンで処理する目安は、2週間に1回程度。ケノンはカートリッジ交換が必要ですが、通常なら1年に1回交換するくらいが目安となります。

ケノンの口コミを見てみると、使用回数4~7回くらいから毛が生えてくるのが遅くなり,自己処理が楽になったという声が多くみられました。

Amazon:ケノン

レーザー式脱毛器「トリア・パーソナルレーザー脱毛器4X」

医療脱毛に近い効果が得られると評判のトリア・パーソナルレーザー脱毛器。レーザー出力での処理なので、処理後わずか2週間で効果を実感できると言われています。

アメリカの脱毛器ですが、安全性や有意性は日本の厚生労働省許可にあたるFDA認証を受けているので、安心して使用することができます。

また、バッテリーの経年劣化の際の交換は必要ですが、カートリッジがないので定期的に交換・購入の必要がなく、コストパフォーマンスの高い脱毛を行うことができます。

口コミでは、処理中に痛みがあるとの声もありますが、脱毛効果を高く評価している声が多くあります。

Amazon:トリア・パーソナルレーザー脱毛器4X


美容オイル

まとめ

家庭用脱毛器の良い所は、自分の好きな時間に誰にも見られず処理ができるところです。特定の部位を集中して脱毛したい人や、短期間で効果を実感したい人にはレーザー式脱毛器が、痛みが苦手で気長に全身脱毛をしたい人にはフラッシュ式の脱毛器はおすすめです。

それぞれの脱毛器の特徴や口コミを見てみて、自分にあった脱毛器を選んでくださいね。