【プロフィール】肌はずっと私のコンプレックスでした。

logo_png
肌は、ずっとわたしのコンプレックスでした。
はじめまして。harukaです。ずっと悩み続けていたニキビについてInstagramで発信をしています。
このたびURUOI FACTORさんでコラムを書かせていただけることになりました!とても嬉しいです。
 
肌は、ずっとわたしのコンプレックスでした。友人たちの言う、 「太っていることがコンプレックス」 「一重がコンプレックス」 「背が高いのがコンプレックス」 それらが全部浅い悩みに感じるくらい、わたしはニキビのある自分の肌をとても強いコンプレックスとして自覚していました。

まずは、私の長年の肌トラブルのBefore&Afterをご覧ください。(閲覧注意!)
わたしのニキビ遍歴
Before
【写真1】2019年4月頃
【写真2】2020年1月頃
※お薬を塗っているので白い部分があります。
 
私の場合は思春期ニキビはあまりできずニキビに悩むようになったのは大学生になってからでした。
大学進学を機に上京したこともあり、多くの希望を持って大学生になったわけですが、「でもニキビがあるしなぁ、」と諦めるきっかけはいっつもニキビ。 プールに行くという話がでたときも、 恋人と天気の良い日に街をぶらぶらするのも、 髪の毛をアップにしようとしたときも、 私の「やりたいこと」をかすめてしまうのはいつもニキビという存在でした。
 
大学2年生頃からは本格的にニキビに悩みはじめ、良いといわれているものはとにかく試してきたけれど、それでも肌荒れは止まらなくて、ぽつぽつニキビは徐々に集合体のようになっていき、しまいには鏡もみれないほどに(正確には鏡をみると涙があふれるほどに)顔中がニキビに覆われていました。
田舎の人は都会の空気が合わないから荒れやすい、とかいろんな情報を鵜呑みにして、ずーっと迷子でした。
After
2020年9月
 
2019年4月頃には皮膚科だけでなく美容皮膚科にも行き始めたのでニキビ治療にかかるお金もより多くなりました。
 
2020年1月頃には、やれることをやり尽くしてもう諦めモード。最寄り駅の皮膚科なんてたぶんもう行き尽くしました💧笑
 
美容皮膚科にも、周りから心配されるほどお金を費やして、良いと言われている美容品も一通り使った。
でも結局、全部に裏切られてきた。と思っていました。

ニキビの原因はひとそれぞれ

でも必ずしも「裏切られた」わけではないんです。ニキビって、まわりが「これで治った」って言ってるものを試したところで確実に治るというものではない、もっと複雑なもの。それはニキビの原因が人それぞれだから。わたしはこれが、ずっと理解できていませんでした。
 
自分自身が、自分自身に不足しているしているものを補う、あるいは自分自身が過剰にもっているを減らす、ということをできなければ肌状態が一定値になることってたぶんない。しかしながら多くのひとが過去のわたしのように、口コミなど他者の評価やインターネットの情報だけを参考にして製品や生活習慣の選択をしているように感じます。

自分で選ぶ力をつける

「今日の肌の状態が良いのはどうしてだろう」 「今日の肌の状態が悪いのはどうしてだろう」 毎日そう考える人がどれほどいるか、とわたしはよく考えます。
 
毎日毎日、自分でよく考えてみないといつまで経っても根本の原因は掴めない。アドバイスを皮膚科頼りになりすぎずまずは自分のことを理解しようと心がけてみる。
いまの社会は情報が溢れすぎていて、どんなことでも本やインターネットですぐに様々な回答がみつからこそ、自分で考えるという機会が減ってしまっています。
その結果、ニキビを治す・作らない方法を探して堂々巡りしてしまっているひとがとっても多い。
 
こんなことを言っているわたしでも、過去にはニキビに良い!と言われるものは一通り試してきました。『ニキビが治る!』と謳っている製品を見つけては飛びついて、常に業界の手のひらの上で踊り狂っていました。。
 
ニキビを治したい一心で即行動をしていたのにそれでも一向に良くならなかったのは自分のニキビの原因を突き止めずに行動していたから。でもそういう経験があるからこそ、今堂々巡りをしている人たちの問題解決の近道になりたい!という強い気持ちがあります。

ニキビを治すための第一歩はスキンケアだけではない

ニキビを治すために、多くのひとが今の生活を変えず、スキンケアだけを変えようとしますが、スキンケアを変えるだけで肌状態が劇的に良くなるひとってごくわずかだと思います。わたしの私生活はとても怠惰だったので、笑新しいスキンケアを試しても試しても、なにも変わりませんでした。🤮
 
肌は外からのケア、内からのケア、心のケア、頭のなかのケア多くのことが一定になって、少しずつよくなっていくものです。慢性的にできているニキビや、ある時から自分を嫌いになるほどできたニキビがスキンケアだけで治るわけない、というのはニキビができた原因を考えようとすればなんとなく想像がつくと思います💭
 
今後のコラムではスキンケアだけでなくニキビと大きな関わりのある「食事」や「ライフスタイル」についても詳しく書いていきます!🤫

ここでの投稿で伝えていきたいこと

わたしは多分、この記事を読んでいる人の誰よりも怠け者だったと思うし、食生活に関しても幼い頃からかなり庶民的だったので、医者や美容家が持っているような知識は持ち合わせていません。
 
でも!『ニキビ』に関しては、実体験として、誰よりも悩み苦しんだし、人知れず努力してきた自負があります。本などで学んだことよりも、実体験を通して得た知識はわたしの中で一番の財産になっています。(わたしの敬愛するアインシュタインも似たことを言ってました🤫笑)経験したからこそ分かることがあるし、皮膚科に行ってもニキビが治らない!ということももちろん理解できます。
 
これだけニキビ、ニキビというから、この記事には、本気でニキビや肌トラブルに悩むひとがたどり着いてくれたんじゃないかと思います。この投稿を今読んでいるあなたに向けて、肌も心も考え方も、方法を知っていればちゃんと変われる!ということを、惜しみなく伝えていきたいです。

投稿者プロフィール

HARUKA
大学2年生から突然ニキビ肌になり、最近ようやく自分なりの改善方法をみつけました。 ニキビ改善の経験が誰かの救いになれば幸いです。

関連記事

PAGE TOP