落とし残しを防ぐ、自分にあったクレンジング選び

logo_png
落とし残しを防ぐ、自分にあったクレンジング選び
クレンジングにはオイルタイプ、ジェルタイプ、ミルクタイプなど、様々な種類があります。そしてクレンジングを使わずに落とせる石鹸落ち化粧品も存在します。わたしは「オイルクレンジングは肌に悪い!」「ミルククレンジングが肌にやさしい!」という噂だけで、濃いお化粧をしていても必ずミルククレンジングを使用していました。その結果、洗顔後にも関わらず汚れが残っている、なんてこともありました。。
 
今日は大事すぎる「クレンジング」に注目してみます。。

汚れの落とし残しがあるとどうなるのか

DUOのスキンケアコラムサイト『あしたの美肌』内の記事『クレンジング後に毛穴に残るメイク汚れを解決しよう』によると、「落としきれなかった汚れは肌に蓄積され毛穴に入り込んでしまう」とのこと。毛穴に詰まった汚れはやがて角栓に変化してしまいます。この角栓がアクネ菌の餌となり、ニキビにつながることがあります。

なぜ化粧の落とし残しが発生するのか

化粧の落とし残しが発生してしまう原因は大きく分けて2つあります。。

1,メイクに比べてクレンジングの洗浄力が弱い

この記事の冒頭でもお書きしたように、「オイルクレンジングは肌に悪い!」とだけ考えて毎回ミルククレンジングでお化粧を落とそうとすると、洗浄力が弱く、落とし残しが発生してしまうことがあります。オイルで落とす必要のあるメイクはオイルで落としたほうがいいし、オイルを必要としないメイクなら、お肌のためにもオイルは使用しない方が良いです◎

2,クレンジングの使い方が誤っている

オイルクレンジングの場合、乳化を行わなければ十分な効果は得られません。また濡れた手で使用していると洗浄効果も下がってしまいます。意外とそれを知らずに使用してしまっているひとが多いのではないでしょうか?(わたしはそうでした💧)
 
お化粧やスキンケアなどの使用方法は、商品により異なるため、自分流ではなくできるだけBAさんにレクチャーを受けることがおすすめです。

化粧落ちコスメでも油断禁物!落とし残しの可能性も。

最近では、石鹸でお化粧を落とせる「石鹸落ちコスメ」も増えてきています。しかし、いくら石鹸で落ちるからと言っても油断は禁物。洗顔の方法や石鹸の泡立ち具合によっては汚れが残ってしまうことも!汚れをきちんと落とすための洗顔方法については『【正しい洗顔方法】洗顔の泡立て方、ポイントは2つ!』に詳しく書いてあります。日頃化粧落ちコスメを使用している方はぜひご覧ください🌟

自分に合ったクレンジングの選び方

落とし残しのないようにクレンジングをしよう、とは言っても「クレンジングの選び方がわからない!」という方もいるのではないでしょうか?この章では、わたしが実際に行っている「メイク別のクレンジング選び」についてご紹介します🌟

ファンデーションを使用した「しっかりメイク」の日

ファンデーションを使用した日は、オイルクレンジングを使用して「しっかり落としきる」ということがとても重要。洗浄力の弱いクレンジングだと落とし残りが発生してしまうことがあります。
わたしの場合、ファンデーションを使った日にはshu uemuraの「a/o+ p.m.クリア ユースラディアント クレンジング オイル」を使用しています。大容量でたっぷり使えるところがお気に入りポイント。適量を乾いた手にとり肌に馴染ませたら、少量の水を加えて乳化させ洗い流すだけ。ダブル洗顔は不要。肌の酸化を防ぐ緑茶エキスが含まれていて、皮膚の保湿を失う原因になる大気汚染物質をも落とす効果があります。

日焼け止めや下地のみの「薄いメイク」の日

最近はマスク生活により普段のメイクが「日焼け止めや下地のみ」という方も多いのではないでしょうか?メイクが薄い日には洗浄力の強いクレンジングは不要。お肌にやさしいクレンジングを使用して、少ない刺激でお化粧を落としましょう。 
 
わたしが使用しているミルククレンジングはMINONの「モイストミルキィ クレンジング」。お化粧によくなじむ、お肌にやさしいミルクタイプのクレンジングです。落ちは意外としっかりしていて、なじませるときの滑りの良さが心地良い。肌荒れ民にとって大敵の「肌への摩擦」が少ないので、クレンジング難民におすすめです。
次にわたしが使用しているジェルクレンジングはFANCLの「整肌クレンジング ジェル」。ヒアルロン酸や桃の葉エキスが配合されていて、肌荒れを防ぎながらコンディションまで整えてくれます。柔らかいテクスチャーで洗い上がりはスッキリしているので、オイルクレンジングやミルククレンジングが苦手な方にはとてもおすすめです。ノンコメドジェニックテスト済み商品なのでニキビ肌の方も安心して使用できます🌟

自分に合ったクレンジングの選び方

クレンジングはお肌のためにきちんと選んでいるつもりでも、使い方や選び方を誤っていたらむしろ逆効果。肌荒れの原因に繋がってしまいます。肌が荒れやすい方は「自分のメイクとクレンジングが合っているか」見直してみることがおすすめです。
 
また「自分に何が合うのかわからない!」など、スキンケアでお困りの方は、URUOI FACTORの無料カウンセリングサービスを利用してみるのはいかがでしょうか?自分の肌や生活習慣を客観的に見てもらうことにより、本当の自分に合ったスキンケアを見つけることができるようになるかも。 (URUOI FACTOR無料カウンセリングサービスはこちらから)

投稿者プロフィール

HARUKA
大学2年生から突然ニキビ肌になり、最近ようやく自分なりの改善方法をみつけました。 ニキビ改善の経験が誰かの救いになれば幸いです。

関連記事

  1. 6.顎先のザラつきも!
PAGE TOP