これまでの失敗と最近のケア方法(前編)

これまでの失敗と最近のケア方法(前編)

わたしはこれまで約6年間ニキビに悩んできました。そのニキビを治す過程で様々なニキビケアを試してきましたが、なかなか思うような効果を得られず失敗してばかりでした。
今でも失敗することはありますが、今回は「これまでの失敗と最近のケア方法」について、前編と後編に分けて書きます✍️

前編では過去の肌状態と間違っていたニキビケアについてです。自分のニキビケアが間違えていないか、チェックしていただけると幸いです!

過去の肌状態について

これは1年くらい前のわたしの肌。頬に大きなニキビが密集していますが、当時はこれが当たり前で、「ニキビが治る!」という謳い文句があればどんな方法でも試していました。

当時はニキビの原因となるアクネ菌をやっつけないと!という気持ちが強かったので、多少の刺激はむしろ大歓迎!むしろそのほうが効果がある!と考えていました。

スキンケアによる間違ったニキビケア

1. 過剰なスキンケア

YouTuberをきっかけに『朝専用のパック』を知り、取り入れてみる事に・・。
結果としてわたしの場合は敏感肌だからか、使用を繰り返すうちに肌がひりつくようになり使用をやめました。

ニキビが酷い場合は新しく取り入れるものに注意を払い、過剰にスキンケアを行わないことをおススメします。

2. 間違った保湿ケア

乾燥による毛穴のつまりも大人ニキビの発生に繋がると知り、とにかく保湿をするために毎晩たっぷり乳液をつけていました。
その結果、肌は脂っぽくなり、ニキビができやすくなった気がします。朝起きたときに肌がベトベトするのは油分量が多いサイン。
クリームやバームよりは油分量が少なく、水分量の多い乳液やジェルクリームがおススメ💡また肌に付ける際はパール粒ずつ増やしてみて!肌がべたつきすぎない所で保湿をやめてあげることが油分量の過多を防ぐポイントです。

3.スクラブ洗顔を高頻度で行う

こちらも毛穴詰まりを改善するために行っていました。スクラブ洗顔は週に2〜3回が目安だと思いますが、毛穴詰まりが気になると高頻度で行いがちになると思います。その結果、わたしの場合はよく使用していたフェイスラインのみキメが荒くなっている、とニキビサロンの方に指摘され、どんな化粧品でも刺激に感じるような敏感肌になってしまいました。

4. スキンケアの工程をとにかく増やす

YouTuberやモデルがおすすめする美容液やクリーム、導入液などを、「よく分からないけど良いと言われてるから!」という理由で調べもせず何でもスキンケアに取り入れていました。
その結果、スキンケアの工程がどんどん増えるだけでなく毎月のスキンケアにかかる費用も高くなるわりに、効果はあまり感じられませんでした。

食事が原因でニキビになっていたことも
1,とりあえずグルテンフリーをする
グルテンが良くないことはなんとなく知っていましたが、どうしてグルテンを避けるべきなのか、グルテンの何が行けないのかなどをちゃんと理解していなかったため、グルテンをさける代わりにチョコを大量に食べたり、生野菜だけで生活してみたりなど、めちゃくちゃな食生活を行っていました。。
 
なぜニキビに悩む人がグルテンを避けるべきなのかは以前の記事『グルテンフリーとニキビ』で詳しく書いているのでぜひ読んでみてください🌟
2,朝食にシリアルを食べる
朝食はオシャレで栄養価の高いシリアルを食べることで肌や身体を健康に保てていると考えていました。しかし市販のシリアルは小麦でできていて砂糖もたっぷり。
意外と体によくありません🙅‍♀️今は様々な種類のシリアルがあり、どれも本当に美味しくて、大学生のころはおやつにシリアルを食べることもありましたが、その結果小麦と砂糖をとり過ぎてニキビや体重増加に繋がっていました。。
 
シリアルを食べたい時は味のついていないオートミールを使い、自分で作ってみることがおすすめです。
これはわたしがよく作っていたグラノーラ。自分で作るとオイルと砂糖の量を種類を調整することができます。
 
またご覧の通り、大好きなナッツやシナモン、カボチャの種も好みの分だけいれることができるので満足度が高い🙆‍♀️!おすすめのレシピについてはまた別の記事で紹介します。

間違ったニキビケアを行わないためには

間違ったニキビケアを行わないためには、SNSの情報に左右されないことが必要だと感じています。

すぐに誰かのおすすめで試すのではなく、成分の良し悪しをよく調べ、自分に合うのか慎重に吟味し、納得して必要であれば取り入れる、不要であれば取り入れないようにすることが重要です。

わたしはこれまで「インスタグラムで話題だから」とか「ツイッターで流れてきたから」とか「インスタグラムのハッシュタグ検索で1位だったから」などの理由で取り入れたケアが多く、そのほとんどはよく調べもせず試し、期待以上の効果が得られずガッカリしていました。どんな製品でどんな成分を含んでいるのか、予めよく理解していれば失敗することもなかったのだと思います。

また、なぜ今ニキビができているのか、その原因が分からない方はカウンセリングサービスも利用されてみてはいかがでしょうか?
次回はこの記事の後編として、見直したスキンケアと最近のケア方法について書きます。そちらもぜひ読んで欲しいです👐♥

投稿者プロフィール

HARUKA
大学2年生から突然ニキビ肌になり、最近ようやく自分なりの改善方法をみつけました。 ニキビ改善の経験が誰かの救いになれば幸いです。
PAGE TOP