疲れや悩みを引きずらない!家で簡単にできるリフレッシュ方法

出典:@mashiro_iwaki
ストレス社会と言われている現代。仕事の疲れや悩み、人間関係など、人それぞれにいろいろなストレスを抱えていると思います。心身とも健やかな生活を送るには、リフレッシュする方法を身につけてストレスと上手に付き合っていくことも、現代社会では必要です。

オフィスと違ってリラックスして過ごせる家は、リフレッシュするのに最適な場所でもあります。今回は、明日からを健やかに過ごすために、家で簡単にできるリフレッシュ方法をご紹介します。


サンプル

リフレッシュする方法は2種類ある

29403307_2159024887699856_6813861393427595264_n

出典:@sayuriichkawa

安静な状態になる静的なリフレッシュ方法

静的なリフレッシュ方法とは、ゆったりと安静にすることで活力をチャージする方法です。静的なリフレッシュ方法を代表する睡眠は、寝ている間に副交感神経を活発化させ、心身ともに修復する働きがあります。

寝たらすっきりするという経験は、多くの人が実感しているのではないでしょうか?疲労やストレスを強く感じている時は、まず静的なリフレッシュ方法から始めてみましょう。

積極的に頭や体を働かす動的なリフレッシュ方法

静的なリフレッシュ方法で活力がチャージされたら、動的なリフレッシュ方法にトライしてみましょう。こちらは、静的なリフレッシュ方法に対して、心身に適度な刺激を与えて気分を切り替えるリフレッシュ方法です。

日頃抱えている悩みやストレスから、意識を他のところに向けることがポイントです。


サンプル

静的なリフレッシュ方法のおすすめ

IMG_4659

眠る

心身のリフレッシュにおいて、一番重要でもある睡眠。睡眠は不足していると、身体の修復が十分にできないので、病気のリスクも高まったり、精神的にも悪影響を及ぼします。眠いのに寝付けない場合でも、身体を横にしているだけでリフレッシュ効果が期待できます。

湯船にゆっくりつかる

慌ただしい毎日を送っていると、お風呂もシャワーだけで済ます人も多いと思います。しかし、心身ともにリフレッシュするなら、ゆったりと湯舟につかるのがおすすめです。

湯舟にゆっくりとつかることによって、体が温まり全身の筋肉も緩んで、副交感神経が優位なリラックスした状態になり、寝付きもスムーズになります。

アロマキャンドルを焚く

家にいる時に、アロマキャンドルを焚くだけでも心身ともにリフレッシュします。実は、アロマキャンドルは中の水分が熱によって変化するため、森林浴の4倍ものマイナスイオン効果があります。

アロマキャンドルを焚いた部屋で過ごすだけで、自然の中にいる以上の癒し効果を得ることができるのです。


サンプル

動的なリフレッシュ方法のおすすめ

42003965_168729890715784_6646958766818422549_n

出典:@teruina

体を動かす

心と体は密接につながっています。心に悩み事やストレスを抱えて頑なになっている時は、大概身体も固くなっています。簡単なストレッチをして、全身に血を巡らせて筋肉をほぐしていくと、心も柔らかくなり気持ちを切り替えることができます。

溜まったストレスを発散したい時は、少し激しい運動がおすすめです。好きなアーティストの動画を見ながら家で思いっきりダンスをすると、楽しみながらストレスも発散することができます。

掃除をする

疲れているのに掃除?と疑問に思う人も多いと思いますが、無理のない範囲で掃除をすることもリフレッシュにつながります。まず、掃除をするとなるとその事に集中するので、普段の悩みやストレスから頭が離れていきます。

そして、掃除機をかけたり、片付けをするので適度に運動していることにもなります。最後に、片付いた部屋を見ると、達成感や充実感も味わうことができるのです。

億劫になる人が多い掃除ですが、かなり有効な家でできるリフレッシュ方法なのです。


サンプル

まとめ

41495853_488304048319406_3981676579494156203_n

出典:@naocandle

家でのリフレッシュ方法は、明日も元気に過ごせる活力を養うのが最優先事項です。まずは十分な睡眠をとって、心身の調子に合わせながら、
無理せず動的なリフレッシュ方法も取り入れてみて下さいね。