生理周期に合わせたスキンケア方法

生理周期に合わせた
スキンケア方法

生理周期に合わせたスキンケアの大切さ

ホルモンバランスは、生理周期や肌の調子と深く関わります。生理周期に合わせてスキンケアを変えることで、肌トラブルを抑え、肌の状態に合わせたお手入れが可能です。

生理周期・ホルモンバランス・肌のそれぞれの関係性について紹介します。

生理周期について

生理周期には個人差がありますが、おおよそ28日周期で訪れ、1回の生理で5~7日間続くことが平均的。生理周期は、女性ホルモンと深く関わり、心身の少しの変化でホルモンバランスが崩れる場合があります。

ホルモンバランスが少しでも崩れると、生理周期に影響が出ることが多いです。女性ホルモンには、黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2つが含まれます。

女性ホルモンを健やかに保つことで、健康的な体や肌の環境で女性らしい体作りにとても効果的です。

黄体ホルモン

女性ホルモンの1つである黄体ホルモンは、プロゲステロンと呼ばれ、生理2週間前の排卵期にもっとも増えます。妊娠の準備の役割を果たすホルモンですが、肌の内側は乾燥し、外側には皮脂の分泌が増えるためデリケートな肌状態に。

精神面でも、イライラや憂鬱を感じやすく食欲や睡眠を増進するなど、体調の変化が出やすいです。生理予定日に近くなると黄体ホルモンの分泌は活発になるため、PMS(月経前緊張症候群)の原因であると言われます。

卵胞ホルモン

卵胞ホルモンは、エストロゲンと呼ばれ、妊娠の準備や女性らしい体作りをサポートするホルモン。生理が終わってから排卵まで、卵胞ホルモンは分泌量を少しずつ増やしていき、コラーゲンを生産します。

安定した肌に導くため美肌ホルモンと呼ばれることも。女性らしい丸みのある体や妊娠に適した体に備え、脳や関節、骨血管を健康に保つ機能もあります。

自律神経の働きを活発にし、精神的にも安定させるため女性に嬉しいホルモンです。 

黄体ホルモンが増えると起きること

生理前に増える黄体ホルモンは、肌が不安定になり、肌トラブルを起こしやすくなります。生理前はなるべく負担をかけないスキンケアをすることがポイントです。

黄体ホルモンが増えると起こる、肌トラブルについて紹介します。

ニキビが出来やすくなる

黄体ホルモンには男性ホルモンと似た性質があり、皮脂を多く分泌します。

黄体ホルモンが多く分泌される生理前は、肌表面が脂っぽくなり角質層が厚くなるため、毛穴が詰まりニキビができやすい肌に。

私の場合、生理前はオイル系の使用に注意を払っています。
どちらかと言えば、みずみずしいオールインワンジェルをメインに保湿ケアをすることがおススメです。

肌がデリケートになる

皮脂が過剰に分泌されて肌のバランスが崩れると、肌機能が正常に作用せず、刺激に敏感でデリケートな状態になります。

刺激から肌を守るバリア機能が正常に作用せず、少しの刺激にも過剰に反応するようになるため、シミやシワなどの肌トラブルを起こしやすいです。

何もしてもダメ!!という時は、とにかくシンプルなケアをして、肌に負担をかけないことがベストかと思います。

マスク性皮膚炎とニキビが重なった去年の9月頃は、UFソープとUFオールインワンジェルのみで過ごしました。ステップはシンプルだけど、乾燥することも、刺激を感じることもなく使用できました★

化粧崩れがしやすくなる

黄体ホルモンが増えると肌表面は皮脂が多い状態ですが、肌の内側は血行が悪く、潤いが減った乾燥状態の肌になります。

乾燥した肌の状態は、化粧が馴染みにくくなり化粧崩れをしやすくなります。

生理前を問わず、油分でテカリやすい方はしっかり水分補給を行うことがおすすめ。

暖房で肌がカサカサになる冬場は、面倒くさいかもしれませんがスチーマーの取入れがいいですよ!

黄体ホルモン上昇時【スキンケア】

画像:URUOI FACTOR

黄体ホルモンが上昇する生理前は、肌の負担を減らしたスキンケアが大切です。

皮脂が多く分泌されるので、余分な皮脂は落とし不足している成分を補うことを意識して、肌に優しいケアをおこなうことをおすすめします。

皮脂をしっかり洗い流す

画像:UFソープ

黄体ホルモンが上昇している時は、肌が不安定な状態となりバリア機能も低下しているので、余分な皮脂をしっかり落とし、肌環境を整えることが大切です。

ホルモンバランスの影響でできる大人ニキビは、主に口周りやフェイルラインにできます。ニキビができやすい部分をしっかり洗い流すことで、不要な皮脂を落とすことが可能です。

皮脂汚れを落とすためには、正しい洗顔をした後に30℃~32℃の少しぬるいと感じる水温で、顔の隅々まで洗い流しましょう。

保湿中心のシンプルなケア

画像:UFオールインワンジェル

生理前は、体温が下がり、血行が悪くなります。肌表面は皮脂が過剰に分泌された状態ですが、肌の内側は乾燥を感じる状態で、バランスの悪い肌環境です。

バリア機能も低下しているため、外部からの刺激にも敏感な状態に。黄体ホルモンが活発な生理前は、保湿をメインとしたシンプルなお手入れをおこないましょう。

肌を内側から潤いで満たし、刺激の少ない保湿ケアを意識することが大切です。

積極的なケアは控える

画像:uruoi_aoki

黄体ホルモンが上昇する生理前は、不安定な肌の状態です。新しいスキンケアをおこなうと、肌は負担を感じ、かえって肌トラブルを招きます。

新しいスキンケアをおこなう際は、肌の安定した卵胞ホルモンが分泌される生理後におこないましょう。

黄体ホルモンが上昇する生理前は、肌のバリア機能が低下しています。必要最低限のケアで、肌を守るスキンケアを意識することがおすすめ。外出時は、紫外線対策と必要最低限のメイクをおこなうと、肌は負担を感じにくいです。

この期間でのクレイマスクやスクラブ、スリーピングパックなどのスペシャルケアは、返ってトラブルが出来やすくなることがあるので控えています。

写真のシートマスクたちは私のお気に入りのアイテム!これらは生理後に使用することが殆どです。いつも肌が強い訳ではないので、生理周期と照らし合わせながらスキンケアをしています!


投稿者プロフィール

秋月碧
秋月碧です。ライターとして、美容ジャンルをメインに執筆しています。お問い合わせはtwitterのDMでお受けしております。

関連記事

PAGE TOP