皮剥けの乾燥肌だった私が見直したこと

    超絶乾燥肌でした

    スキンケア中、肌を触ってしっとりもっちり吸い付くお肌が憧れでしたが、毎日のスキンケアで肌を触りますが

    「ごわっとしてるな…」

    「化粧水が染みる…」

    「毛穴開いてるなぁ…」

    「小鼻の横から皮膚がポロポロ…」

    「ファンデーションも粉浮きしてる…」

    と思ってしまう憂鬱な日々。

    そんな超乾燥肌の私が脱乾燥肌できたアイテムを使い方も含め徹底解説したいと思います!!

    油膜が必要…!!!

    化粧水をつけるだけでピリピリと刺激があった私。

    そこで注目したのがオイルでの保湿です。

    気付いたきっかけはTwitterでバズっていた馬油洗顔。馬油を顔にくるくると馴染ませて拭き取り化粧水で拭き取ると言うもの。
    角栓の詰まりやすい私には角栓ケアとしては効果的。
    鼻や頬に角栓の詰まりやすい私はくるくる馴染ませると自然にぽろっと角栓が取れます。

    そう言えば馬油は染みないな…ってことは油で油膜を張ってる状態にしてあげればいいのか!と

    洗顔後に一度油分で保護⇨その後に水分補給に化粧水

    この手順にするだけで全然染みなくなりました。

    が、残念ながら使用後に洗い流せば問題ないのですが、動物性油脂の馬油が顔についた状態でスキンケアをすると私は肌が荒れてしまうことが発覚…

    普段できないニキビがぽつぽつと…馬油は洗い流してからスキンケアには別のオイルが必要になりました。

    衝撃の事実

    乾燥肌の人にありがちなのがとにかく

    化粧水をびたびたに!!!塗る!!!!水分補給!!!

    と、やたらめったらに「水分を入れる」ケアを私も行っていました

    ですが乾燥肌の私に必要だったのは「栄養を抱え込む力」と「油分での保護」

    いくら水分を入れても土台が伴っていないので、肌の「留めておく力」を高めてあげないとせっかく入れた「水分もいくら塗っても塗っても乾燥していく一方だったんです。

    ブースターオイル【CharVeil】が理想!

    そこで出会ったのがうるおいのCharVeil

    洗顔後の水がついたお肌に8滴つけてあげるとすっと馴染んでくれます。

    そしてなにより染みない。肌に最初につけるものは基本的に染みていた私には感動です。

    Charveil美容オイルは独自のナノ化処方により、オイルの粒子が大小それぞれ存在します。
    大きな粒子は肌表面、小さな粒子は角質内に届きます。角質層内からしっかりと保湿させることにより、極度の乾燥や繰り返す乾燥を防ぎます

    推奨の使用量は濡れた肌に8滴ですが乾燥肌の私は軽く水を拭き取り1スポイド分使っても問題ありません。
    しっかり肌に油膜張るぞ
    ー!と掌に広げて顔全体に馴染ませています。

    しっかり保護してくれている感はあるのですがオイル特有ののぺっとしたベタつき感はなし

    その後に化粧水やオールインワンジェル、シートマスクなどを使用すると普段の使用感との差に驚きます。 

    化粧水の後はべとっとしていないのにみずみずしく、頬に掌を当て話すともっちりと手にひっついてくる感じ。

    乾燥肌さん憧れの理想のもっちり肌です

    乾燥肌の私はゴワゴワしすぎて水分が入っていく感覚と言うより、つけてもそのまま蒸発していくような状態で、留めておけるコンディションではなかったんですが、このブースターオイルのおかげで化粧水をつけるとスーッと肌に入っていく感覚が…!

    「化粧水が入っていくって言うのはこう言うことなのか!!!」と感動しました。

    水分チャージ&留める!

    普通肌〜脂性肌の方は上記までのステップで問題ないかと思いますが、私の場合そこから蓋をするものが必須。

    美容成分と水分をチャージしつつ、蓋もしてくれるダブルセラムは最強です。

    水溶性と油性に分かれた二層の美容液をしっかり振って一体化させてあげます。

    そして贅沢ですが、お肌のゴワツキが気になる日はしっかり1スポイド分を顔全体に馴染ませます。

    すると数日後(早ければ翌日)にはちゅるっと保護されているので、そこからは乾燥が気になる部分に必要な分量だけ肌に馴染ませたらOK

    私にとってはここまで即効性の高い美容液は初めてでした。

    特に効果を感じたのが小鼻横の皮剥け

    お肌は年齢と共にホコリや花粉、紫外線などの外的ストレスや内面的なストレスに左右されやすくなりますが、UFダブルセラムは年齢に応じたケアが可能です。
    特に配合されているナールスゲンやリンゴ幹細胞エキスは上記に有効的です。
    そのほか、傷を負ったトラが体に草を擦り合わせていたところからその効果が知られた”ツボ草”なども配合しております。肌のバリア機能をしっかりサポートすることで、なめらかな素肌へと導きます。

    使用を続けて半年以上経ちましたが、ほとんど皮向けに悩まされることはなくなりました

    オイル部分もただのオイルではなく、しっかり美容成分の配合された美容オイル…

    蓋もしつつお肌に栄養も与えてくれる乾燥肌には最強すぎるアイテムです。

    現在の私のケア

    シャルヴェール・オールインワンジェル・ダブルセラムと完全にライン使いしていた私。

    最初は全ての使用量がもりもりでした。が、その甲斐あって今では乾燥知らずさん

    しっかりオイルで保湿しないと水分が飛んでいってしまっていた私がしばらくオールインワンジェル一個でも問題ないと言うところまで肌のキメが整いました。

    おかげで今は時短スキンケアでも肌の揺らぎが少なくなりました。

    ちょっと怪しいかな?と思ってもシャルヴェール・オールインワンジェル・ダブルセラムのライン使いにもでしてあげるとすぐに落ち着きます。

    しっかり集中的にケアをして土台を整えてあげるとシンプルケアでも問題ないくらい肌質が整うんです

    とは言え美容液かな?と思うくらいたっぷりの美容成分と保湿力のオールインワンジェルで優秀さんだからこそ、なせる技かも…!

    オールインワンジェルの使い方〜基礎編〜

    私はこのアイテム一つでもしっかりケアできるので、実は1週間ほどオールインワンジェルのみチャレンジ中です。

    元乾燥肌の私がオールインワンジェル1つでどこまでいけるのか…!

    またレポをブログに投稿しますね。

    PAGE TOP