URUOI FACTOR 洗顔石鹸の正しい使い方は?

「URUOI FACTORの洗顔石鹸ってどのように使えばいいの?」
「正しい使い方は?」
「効果の出る使い方は?」
そのように気になっている方もいらっしゃるかと想います。

そこで今回は、URUOI FACTORスタッフの吉村( @uruoi_yoshimura )がUFソープの正しい使い方について詳しくご説明いたします。

正しい洗顔とは?

まず正しい洗顔とは、肌表面と毛穴の汚れ、余分な皮脂をしっかり落とすことです。もしそれらを放置していると、その皮脂が酸化しテカリやべたつきが悪化し、ニキビができやすくなるなど、肌トラブルの原因になります。

それらを防ぐために正しい洗顔を実践し、肌表面と毛穴の汚れ、余分な皮脂をしっかり落とし、清潔な肌環境を保つようにしましょう。

正しい洗顔方法

1.手をきれいに洗い、※ぬるま湯で顔を濡らします。
この時に肌をこすりながら濡らすと、摩擦で肌にダメージを与えてしまうので、優しくなでるように濡らしていきます。
※約32℃

2.洗顔料をしっかり泡立てます。
泡立てが不十分だと、1と同じように摩擦で肌にダメージを与えてしまうので、泡が肌の上にのっても崩れないぐらいしっかり泡立てます。

3.おでこ→鼻の順に皮脂量の多い部分に泡をのせ、優しくなじませていきます。
ここでも肌にダメージを与えないよう優しくなじませていきます。手の平が顔の肌に触れないのがベストです。

4.ほお→目元→口もとの順に泡をのせ、優しくなじませていきます。
ここでも肌にダメージを与えないよう優しくなじませていきます。手の平が顔の肌に触れないのがベストです。

5.※ぬるま湯で、泡が残らないように丁寧に洗い流します。
濡らす時と同じように、優しくなでるように泡を落としていきます。泡が肌に残っていると、それが刺激になったり毛穴を詰まらせたり、他の肌トラブルの原因になります。
※約32℃

6.柔らかく清潔なタオルで優しく押さえ、水気をとっていきます。
使い回しのタオルや、他の部位をふいたタオルを使うととせっかくきれいに洗顔した肌が台無しです。

7.保湿
洗顔で汚れや余分な皮脂をしっかりとったので、そのまま放置していると、毛穴から肌内部の水分がどんどん蒸発していきます。それを防ぐために、化粧水や乳液などでしっかりと保湿します。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

URUOI FACTORの洗顔石鹸に限らず、上記の正しい洗顔方法を実践するだけでも、肌の状態は大きく変わります。手間はかかりますが、丁寧な洗顔を心掛け続けることがきれいな肌を維持する秘訣です。

URUOI FACTORの洗顔石鹸はこちら

投稿者プロフィール

URUOI_YOSHIMURA
・URUOI FACTORの美容部員
・日本化粧品検定2級取得

Instagram:@uruoi_yoshimura
PAGE TOP