石けんの種類とUFソープについて

汚れ落ちが良く、お肌への負担がマイルドな洗顔石けん。いまこの記事を読んで下さっている皆さまは、洗顔石けんにさまざまな種類が存在することをご存知ですか?

『洗顔石けんは乾燥する』と思われている方は、もしかするとこれまで保湿成分をあまり含んでないものをお使いになられていたかもしれません。この記事では製法によって異なる洗顔石けんの特徴についてまとめています。

記事を読まれる前に

ここから先は製法によって異なる洗顔石けんの特徴についてお話をすすめていきますが、前提にお伝えしておきたいことは、どちらかが悪いといったことはありません。石けんの製法と特徴をより深く理解していただき、この記事を読んで下さっている皆さまが自立してスキンケア選びをしていただけたらと思います。

そもそも、石けんとは?

石けんとは、天然の油脂にアルカリ性の苛性ソーダを加えて反応させ、枠に入れて固めたものになります。
『洗顔石けんは乾燥する』と思われることがありますが、実は洗顔石けんに使われる界面活性剤はお肌にも、環境にもとっても優しいものです。油脂がアルカリ性に反応するときにできる自然の力を使った界面活性剤でできています。

お肌や環境にも優しい界面活性剤でつくられる石けんには『水で薄まるだけで活性作用が失われる』という弱点もありますが、これが意外にも美点となります。さっとぬるま湯で洗い流せば、水で活性作用が失われるので、それ以上皮脂が洗い流されることがないのです。不要な汗や皮脂汚れはきちんと洗い流して汚れの詰まりを防ぎながら、過剰に汗や皮脂を洗いすぎることなくご使用いただけます。

2種類の反応方法

油脂にアルカリ剤を反応させてつくられる石けん素地ですが、石けん素地の作り方には『けん化法』と『中和法』の2種類の方法があります。

けん化法

油脂そのものをアルカリ反応させて石けん素地をつくる方法です。

中和法

油脂から精製した脂肪酸とアルカリを直接反応させて石けん素地をつくる方法です。

UFソープは中和法を採用しています

油脂に含まれるさまざまな脂肪酸の中には、お肌に刺激が強いものや泡立ちが悪いものも存在すると言われており、URUOI FACTORのUFソープは中和法を採用しています。必要な脂肪酸を選び抜き、その後アルカリ反応させることで泡立ちがよくお肌に優しい洗顔石けんが完成します。

2種類の製造方法

石けん素地がつくられた後は『機械練り製法』もしくは『枠練り製法』のどちらかの製造方法で石けんが完成されます。

機械練り製法

機械練りは、材料を機械で練り上げた後に急速冷却し、しっかりと乾燥を行うため仕上がりが均一できれいなことが特徴です。しかし、製法の都合上、美容成分や保湿成分を多く配合することが難しくなっています。

枠練り製法

一方枠練り製法は、石けんの素地と美容成分をそのまま枠に流し、じっくり乾燥させてつくり上げます。素地や美容成分をそのまま流し込み作られることから、30%~40%まで美容成分や保湿成分を配合できます。洗い上りしっとりな洗顔石鹸をお探しの方におススメです。

UFソープは枠練り製法を採用しています

洗い上りのなめらかさを大切にしているUFソープは、より多く美容成分や保湿成分を配合できるように枠練り製法を採用しています。洗い流している時のなんとも言えないスベスベ感と、洗い上りのしっとりさの秘密はここにあります。

まとめ

油脂そのものをアルカリ剤で反応させるけん化法と脂肪酸を取り除いてから石けん素地をつくる中和法や、出来上がった素地から石けんに至るまでに2種類の製法があることを本記事ではお伝えしてきました。
ライフスタイルの数だけスキンケアのスタイルも存在すると考えるURUOI FACTORでは、今後も自立してスキンケアを選んでいく大切さをブログを通して発信していきたいと思います。

UFソープについての使用感についての詳しい情報は、下記リンク先をご覧ください
ザラツキ審査結果:http://uruoi-factor.net/?p=14574&preview=true

関連記事

PAGE TOP