簡単に、自分にあった保湿ケア方法がわかるようになる考え方!

簡単に、自分にあった保湿ケア方法がわかるようになる考え方!
今回は私が日頃スキンケアする中で意識していることについてまとめてみました。
基本的に、この考えをベースに毎日使用するスキンケア製品やスキンケアの量を調節しています。
 
この考えがあれば、極端に間違った保湿ケアをすることはなくなりましたし、雑誌やSNSで様々な情報や意見が溢れていても自分自身がブレなくなったなと思います。
 
長年勉強してお客様のお肌を見てきた私の勝手な持論ですが、皆さんのスキンケアのヒントになれば嬉しいです^^

肌の油分と水分はシーソーに例えてみて。

肌の状態は【健康的な角質層】【十分な水分】【ほどよい油分】この3つが勝負。

特に【十分な水分】【ほどよい油分】ですね。どちらかが高すぎても、低すぎてもダメ。常に2つのバランスを取ることが大切です。

結果的にシーソーが傾く=バリア機能が低下、不安定になることで【角質層内】にも乱れが出ます。

油分(高)水分(低)な時・・。

カウンセリングさせていただく中で1番多い肌質かと思います。

上記のような肌質の方はこのような肌悩みが殆ど。

  • 乾燥とテカリが気になる。
  • ニキビや吹き出物が出来やすい。
  • Tゾーンはテカテカ、頬にはちりめんシワ。

ここで1番やりがちなのは、保湿をしなければというところから保湿クリームをガッテン!してしまうこと。当たり前にシーソーがもっと傾いて、もっとテカります・・。

シーソーを整えるには・・。と考え、油分は洗い流して抑え、水分を与えて維持させることに集中。肌状態は良くなるはずです。

私もこの肌タイプの1人なので、UFソープでしっかり落とす→Charveil美容オイルで水分キャッチを高める→UFオールインワンジェルという水分量が割と多い保湿剤で保護させています。

油分(低)水分(高)な時・・。

まあ、あまり『水分ありすぎますよ!!!!』ということはないかと思います。

どちらかと言えば水分は理想的で、油分がすごく少ない方の場合は以下のような肌悩みが多いです。

  • 乾燥する、粉が吹く
  • 沁みる、沁みやすい。
  • 小じわが出やすい
  • ファンデが乗らない
  • 季節の変わり目に目周りや肌が赤くなる

で、なぜかなんですけどこの人達は水分量ばかり保湿してることが多くて。シートマスクとかコットンパックとか・・。ホントに不思議。

これまた、シーソーで考えるとこのような肌質さんは油分のサポートが必要になってくることが見えますよね。スクワランオイルやアルガン、ホホバなどの植物油配合製品などがおススメになってきます。
食べ物なんかで言うと、積極的にナッツを採ったりオリーブや亜麻仁油なんかを採っても良さそうですね。

ここの肌質さんにはUFダブルセラムがをおススメしたい・・。

シーソーの変化に気づいてあげて!

この水分・油分のシーソーは時々変化しますので、常に今の自分の肌を観察してあげて下さい。シーソーの変化についてはまたアップしてみようかと思います。

私的に、今ベストなのはこのCharveil美容オイル。洗顔後、結構濡れた素肌に1スポイト贅沢にザバーと馴染ませ、プレスして押し込む。結構念入りに・・。乳化して白いお水がちらほらな場合はティッシュオフ!
正直これだけで化粧水してクリームした?くらいのジューシーさ。べたつきが嫌な方ほどおススメです。まじで。(笑)

私の持論にはなりますが『こんな事語ってみて―』ということがあれば以下のBOXよりお待ちしております、というか下さい(笑)

では!

投稿者プロフィール

青木
(元)美容部員(現)PR・企画
美容部員時代に1番嬉しかったことは『私とスキンケアを出逢わせてくれてありがとう』という言葉。
一人ひとりのお肌に合うスキンケアや使い方を見つけていただけるように、ブログを更新していきます!
Instagram:uruoi_aoki

関連記事

PAGE TOP