【自宅でVIO脱毛】サロンでの脱毛に抵抗がある方へ!おすすめの脱毛方法

欧米の女性の間では常識になっているデリケートゾーンのムダ毛のお手入れ。日本でも「VIO」という用語を聞くようになり、デリケートゾーンのお手入れをする人が増えてきました。脱毛サロンでVIOの脱毛をするのは、料金が高いし、なによりデリケートゾーンをスタッフに見られるのが恥ずかしいですよね。

今回は、サロンでのVIO脱毛に抵抗がある人に向けて、自宅でできるVIO脱毛の方法をご紹介します。


洗顔石鹸

VIO脱毛とは?

eb66000e7fb3809bf7d308c060eeec00_s

デリケートゾーンは3つのエリアに分けて考える

VIOとは、3つのラインにわけたデリケートゾーンの総称です。

Vラインビキニライン
Iライン陰部の周辺
Oライン肛門の周辺

日本の脱毛サロンやクリニックでVIO脱毛というと、IラインとOラインの毛を全部綺麗に処理して、Vラインは量を減らして形を整えるのが一般的です。海外ではVIOラインをすべて処理して全くの無毛にするハイジニーナが人気となっています。

しかし、日本では温泉に入る時などに、デリケートゾーンがツルツルになっているのはかえって目立つので、あまり浸透していません。

VIOの間違った自己処理は肌トラブルの元になる

ムダ毛の自己処理で一般的なカミソリと脱毛クリーム。VIOラインにも同じようにカミソリで処理をすると、自分では確認しにくい部分なだけにケガをしてしまう恐れがあります。また、蒸れやすく雑菌が繁殖しやすい場所なので、カミソリ負けや炎症など肌トラブルを起こしやすくなります。

脱毛クリームを使用した場合も、綺麗に毛を無くすことができません。残った毛は、結局はカミソリや除毛機を使って処理することになるので、二重の手間になります。


オールインワン

自宅でVIO脱毛する方法

6bf1ca3b8a498671301d9d62d6a2af6f_s

ブラジリアンワックス

永久脱毛ではありませんが、自宅でリーズナブルにできるのがブラジリアンワックスです。海外モデルの間で広く使用されていて、日本国内にも普及しました。ブラジリアンワックスの使用方法は、脱毛したい場所にクリームを塗ってしばらく放置して、固まったら一気にはがして脱毛します。

毛根からしっかりと取れるので、一回の脱毛でだいたい2週間から1カ月程度、ツルツルの状態をキープすることができます。ブラジリアンワックスの成分は、ハチミツや砂糖といった天然由来のもので構成されているので、肌への刺激が少なくVIOラインにも安心して使用することができます。

また、ワックスを塗る量を自分で調整できるので、狭い部分や見えにくい部分でも脱毛をすることができます。気になる痛みですが、ガムテープを皮膚に張ってべりっとはがしたら毛が抜けるのとまったく同じ仕組みなので、多少の痛みの覚悟を必要です。

ワックスのはがし方にもコツがあり、毛の流れと同じ方向に勢いよくはがすことで痛みをかなり軽減することができます。少し慣れが必要ですが、肌への負担が少なく、手頃な値段できれいに脱毛できる方法です。

脱毛器を使う

脱毛サロンでも多く採用されているフラッシュ式の家庭用脱毛器を使っての脱毛もおすすめです。同じ家庭用脱毛器でも、フラッシュ式脱毛器はレーザー式に比べて痛みが少ないので、デリケートで痛みを感じやすいVIOラインにも抵抗感なく使用することができます。

ほとんどの脱毛器はフラッシュの強さを調整できるので、痛いと感じる場合は出力を弱めることもできます。家庭用脱毛器の価格相場は、5~7万円程度。普通の自己処理の除毛や脱毛に比べると、価格は高くなりますが、回数をこなせばこなすほど毛が生えにくくなり、お手入れが楽になってきます。

暇な時間や、家事の合間などに自分のペースで脱毛できるので、多少時間はかかっても徐々に毛を少なくしていきたい人におすすめの脱毛方法です。


美容オイル

まとめ

自宅で比較的安全にVIO脱毛をするなら
・ブラジリアンワックス
・家庭用脱毛器(フラッシュ式)
がおすすめです。

家庭用脱毛器の場合は、IラインOラインへの使用を推奨していない脱毛器も多いので、自己責任でやるか、Iライン、Oライン対応の脱毛器を使用しましょう。